台風・大雨・洪水

台風の被害から窓ガラスを守るには?自宅で簡単に行える対策準備

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

窓の周辺や網戸のチェック





台風による被害には、窓ガラスの被害も多く見られます。

ヒビが入ってしまったり、強い台風の時には窓ガラスが割れてしまうケースもあるほど。





窓ガラスが割れる主な原因は、飛んできたものが衝突することです。

暴風によりガラスが壊れてしまうのかと思いきや

その風によって飛ばされり倒されたりした物が当たって、ガラスが割れてしまうのです。





そのため、対策としてまず行いたいのが窓の周辺チェック





窓の外、周りにある物を片付けます。

たとえば植木鉢やガーデンテーブル、物干し竿などが置かれているご家庭も多いでしょう。

安心して過ごすためには、窓の周りには何もない状態にしておくとGoodです。





また、網戸のチェックも行います。

強風に吹かれるとガタガタ揺れてしまい、音がうるさく眠れない方もいるかもしれません。

外れそうだったり、ゆるくなっている網戸はあらかじめ取り外しておくようにします。

万が一網戸が外れて飛んでいき、隣家にぶつかるなどすると大変です。

周囲の家に迷惑をかける可能性もあるので、古い網戸は外しておくほうが無難です。





役立つシャッターや雨戸





台風で窓ガラスが割れるのを防いでくれるのが、シャッターや雨戸の存在です。

強風で何かしらが飛んできたとき、それらが窓を守ってくれます。





ただし、老朽化している場合は反対に強風で壊れてしまい、窓が傷付く可能性もあるので注意しましょう。

台風が来ることが分かった時点で、古い物は交換やメンテナンスすることをおすすめします。





台風が近づいてきた時は、雨戸やシャッターはしっかりと閉めておきます。

雨戸などが付いていないご家庭は、防護ネットを貼ることで何もないよりはガラスを守れるでしょう。





防犯用の窓ガラスフィルムを活用する





空き巣予防対策として人気のある防犯フィルム。実は台風のときに活躍します。





窓ガラスが割れるのを恐れて、養生テープやガムテープなどで窓を補強しようとするのを見たことがありませんか?

しかしながら、実際のところはテープを貼ることで割れるのを防ぐことはできません。





貼っていても強風で何かが飛んで来た場合には、衝撃により割れてしまいます…。

テープを窓に貼るのは、割れたときに破片が飛び散るのを防ぐためなのです。





そこで、窓ガラス補強対策に使えるのが防犯フィルムです。

防犯フィルムとは、空き巣が窓を叩き割って忍び込むのを予防するために、窓の内側に貼るアイテムです。

本来はセキュリティー対策アイテムですが、台風のときにも活用することができます。





特に品質の認証基準をクリアしているCPマークが付いているフィルムは、その効果も高いです。

擦り傷に強いハードコートタイプもあるので、窓の場所や大きさによって適切なものを探してみましょう。

また、割れたガラス破片の拡散を防ぐ飛散防止フィルムも、便利で役に立ちます。





まとめ





台風が近づいてくると不安ですよね。

大雨と強風で色々な音がしたり、家が軋んだりすると嫌な想像が膨らんでしまいます。

なかでも窓ガラスは、ガタガタしたり隙間風が吹き込んできたりと気になりがち。

少しでも出来ることは対策して、備えておきたいですね。

特に、最後にご紹介した窓ガラスフィルムは、誰でも簡単に貼り付けができます。ぜひ一度お試しください。


   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1. 寝起きでも使える避難グッズを準備しよう!寝室の防災対策
  2. 物の量と固定対策を見直そう!リビング・ベランダの防災対策
  3. 避難経路を塞がない。玄関・廊下の防災対策
PAGE TOP