台風・大雨・洪水

ホテルに避難。考えてみてほしい避難所以外の新しい選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

台風や大雨などの災害で避難しなければならない時。

足腰の弱った方やご高齢の方、赤ちゃんや小さいお子さんがいて

避難所に連れて行くのをためらってしまう…。





そんな時はホテルへの避難を検討してみてはいかがでしょうか。






避難所だけが避難先じゃない





とっさに「避難しよう」と考えたら、地域ごとの避難所へ向かうのが一般的だと思います。

ですが、避難所だけが避難先ではありません。





例えば、安全なエリアの親戚・友人のお家へ泊まらせてもらったり

一度避難所へ行ってから、自宅周辺の安全が確認できれば自宅に戻る、

いわゆる「在宅避難」という手もあります。





また、近年増えてきているのが、ホテルなどの宿泊施設への避難です。





  • 自宅に比べれば、建物が頑丈である
  • 自宅周辺に比べれば、安全なエリアである
  • 避難所と違い、個室でプライバシーを保てる
  • ベッドが確保できる

などの理由から、ホテルへの避難を選択肢の一つとして考える人が増えています。


災害の影響範囲にもよりますが、よほどのことがない限り

ホテルは通常通り営業してくれていることが多いです。





もちろん宿泊費は発生しますが、

避難先として快適に過ごせることを考えれば決して高くはないのではないでしょうか。





避難が「無駄ではなくなる」





ホテルに避難することのメリットの一つとして、避難が「無駄ではなくなる」ことも挙げられます。





実際に避難をするときは「絶対に避難した方が良い!!」と確信している状態よりも

「避難した方が良いだろうか?それとも家にいても大丈夫かな?どっちだろう?」と

迷っている状態の方が多いと思います。





特に、ご家族がご高齢だったり、小さなお子さんや赤ちゃんがいるとなおさら不安ですよね。





ご高齢で足腰に自信がないと避難所までの移動が困難であったり、

子どもが避難所で周りに迷惑をかけてしまうのではないか、など

どうしても気になってしまうかと思います。





そんなに大変な思いをして避難したのに、結局何もなかったら…

「結局、避難したって無駄だった!」と考えてしまうかもしれません。





そういった場合には、ホテルへの避難は非常におすすめです。





避難するギリギリのタイミングを自分で判断するのではなく、

台風や大雨の時はあらかじめホテルに泊まると決めて

ホテルを予約しておき、

車や公共交通機関が動いている早めのタイミングに移動すれば

被災時に緊急で避難所へ向かう時ほど負担もかかりません。





ホテルへの避難であれば、周りに迷惑をかけてしまう不安はもちろんのこと

プライバシー確保、防犯面の不安も解消されるでしょう。





ホテルで過ごす際の注意点





ただ、ホテルに行きさえすればすべて安心、というわけではありません。

最低限、以下のことは注意しておきましょう。

注意点

  1. 自分の物資は自分で用意しておくこと
  2. ホテル側にとっては通常の宿泊と変わらない
  3. 早めの予約を心がける




1. 自分の物資は自分で用意しておくこと

ホテルの場所によっては、自宅と同じく被災エリアかもしれませんので

停電や断水が起こる可能性もあります。

ホテル側にも災害時の備えはあると思いますが、何でも揃っているわけではありません。

自分たちの物資や防災グッズは、自分たちで用意しておきましょう。





2. ホテル側にとっては通常の宿泊と変わらない

災害時もいつもと変わらず温かく迎えてくれるホテルですが

ホテル側が自ら、「ホテル=避難所です」と言っているわけではありません。

自治体や避難所と同じサービスレベルやおもてなしを求めるのは止めましょう。

あくまでこちら側が自主的に避難に来ているのであって

ホテルスタッフの方にとっては、通常の宿泊と変わらないということを忘れないようにしましょう。





3. 早めの予約を心がける

災害時とはいえ、上記でも述べた通りホテル側にとっては通常の宿泊と変わりません。

必ず予約をしてからホテルに向かいましょう。

最近では同じくホテルに避難したいと考えている人が増えていることから

台風の時期には予約が殺到することもあるそうです。

飛び込みで行っても満室ということも…。早めに予約するよう心がけましょう。





まとめ

ホテルへの避難は、個室やベッドが確保されることもあり

ご高齢の方やお子さん連れのご家族にとってはとても便利な選択肢だと思います。





ただ、ホテルで働くスタッフさんたちも同じように被災している可能性を忘れてはいけません。

営業してくれているホテルやスタッフさんに感謝の気持ちを忘れず、

災害時のホテル避難を上手に使えると良いですね。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1. 地震が怖い…夜眠れないのは正常な反応。対策すれば怖くない!
  2. 【在庫ゼロは危険】トイレットペーパーの備蓄【目安は1ヶ月分】
  3. 【時間がない】夜中の地震、そのまま飛び出せる服装を考えよう【避難】
PAGE TOP