台風・大雨・洪水

意外と見落としがち!?トイレ・お風呂の防災対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

突然ですが、トイレやお風呂の防災対策は考えたことがありますか?





お家の防災に結構力を入れてるよ~という方でも

意外と水回りは見落としていたり、後回しになっていたりという方が

多いのではないでしょうか。





「トイレ中やお風呂中に、そんなドンピシャで地震とか来ることないし…」

「すぐに出れば大丈夫だし」と思ったり…。





今回はそんな「トイレ・お風呂の防災対策」についてご紹介します。






トイレに閉じ込められないよう注意





もしもトイレ中に地震に襲われた場合

まず気を付けたいのが「閉じ込められてしまう」ことです。





基本的にはトイレの扉を閉めて使用すると思いますが

地震の揺れで立て付けが悪くなり

扉が開かなくなってしまう可能性があります。





外からの救助を呼ぶために「救助用の笛」を一つ

トイレの収納棚に忍ばせておくと安心です。





【あれ?トイレの水が流れなくなっちゃった…!?】

そんなときに役立つ「簡易トイレ」については

こちらで紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

【簡易トイレ】備蓄の目安と選ぶポイント。代用はできるの?【防災】





タオル・着替えは脱衣所に用意しておこう





もしも入浴中に地震に襲われた場合は、

転倒防止のため姿勢を低くして、頭を守り、

まずは地震の揺れが収まるのを待ちましょう。





シャンプーなどのボトル類が倒れてきたり

カミソリなど刃物類が思わぬ場所に落ちていたりするので

よく気を付けて浴室から移動しましょう。





すぐに避難に移れるように

タオルや着替えは脱衣所に用意しておけると◎。





タオルは、出来ればバスタオルなど、サイズの大きなものがあると便利です。





災害時は、部屋に戻ってゆっくり着替えたり

身体を拭いたりする時間も取れないかもしれません。





ひとまずタオルを身体に巻き付けて、着替えを持って移動しなければ…と

なる可能性もゼロではありません。





また、災害の規模によっては

室内に家具やものが散乱している可能性もありますので

室内を安全に移動できるよう、厚手のスリッパも備えておけると安心です。





窓ガラスや脱衣所収納にも一工夫





トイレやお風呂に窓がついている場合は

ガラスの飛び散り対策も必要です。





特にお風呂は裸の状態で大変無防備なため、要注意。





飛び散ったガラスでケガをしないよう

飛散防止フィルムを貼るなど、必ず対策を行っておきましょう。





トイレは換気用として小さな窓がついているケースもあり

この場合は飛散防止フィルムを貼るのが難しいかもしれません。





ですが、緩衝材のぷちぷちシートなどを貼り付けておくだけでも

ガラスの飛び散り対策になりますので、小さな窓も忘れずに対策しておきましょう。





また、地震の揺れで停電になってしまった際に備えて

脱衣所収納に懐中電灯を備えておくのもおすすめ。





脱衣所や洗面所の手に取りやすい収納場所に置いておき

お風呂上がりでもすぐに使えるようにしておくと◎です。





可能であれば、足元に人感センサーライトを設置できるとより安心です。

停電時でも使える用に電池式を選ぶのがポイントです。





まとめ





トイレには「救助用の笛」、窓ガラスには「飛散防止フィルム」で飛び散り対策など

ちょっとしたアイテムで出来る防災対策をご紹介しました。





一つ一つは小さな対策、地道な行動の積み重ねかもしれませんが

災害はいつ襲ってくるか分かりません。





入浴中など無防備な状態であっても、とっさに対応できるように

日頃からの備えが大切です。


   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1. 防災目線で「最も危険なエリア」…キッチンの防災対策
  2. 意外と見落としがち!?トイレ・お風呂の防災対策
  3. 寝起きでも使える避難グッズを準備しよう!寝室の防災対策
PAGE TOP